四国社会資本アーカイブス

当サイトは四国で暮らす人々の生活を支える社会資本に関する情報を編纂したものです。

多々羅大橋(西瀬戸自動車道)

No. 愛媛41
県名 愛媛県
市町村 今治市(上浦町)
事業化(着工) 昭和48年度
竣工 平成11年5月
Google Map
地理院地図
概要 多々羅大橋は生口島と大三島を結ぶ中央支間長890mの世界最長の斜張橋である。本橋の形式は昭和48年計画当時は補剛トラス吊橋であったが、その後の技術進歩に伴い橋梁形式の再検討が行われ、斜張橋とすることになった。平成2年8月に着工し、平成11年5月に多々羅大橋は来島海峡大橋、新尾道大橋とともに完成し、尾道~今治ルートの全ての海峡部橋梁が開通した。多々羅大橋は平成7年1月に同じ斜張橋であるフランス・ノルマンディ橋と姉妹橋縁組を結んだ。
情報源 本州四国連絡橋公団編「しまなみ海道 西瀬戸自動車道建設誌」(本州四国連絡橋公団、1999年)、35頁、144-163頁、90-99頁
本州四国連絡橋史編さん委員会編「本州四国連絡橋公団三十年史 」(本州四国連絡橋公団、2000年)、420-425頁、683頁
情報源の種類 工事史、事業誌、記念誌
キーワード 多々羅大橋 本州四国連絡橋尾道~今治ルート 斜張橋
関連情報
参考画像

戻る