四国社会資本アーカイブス

当サイトは四国で暮らす人々の生活を支える社会資本に関する情報を編纂したものです。

旧逢坂トンネル(国道56号)の改修

No. 高知229
県名 高知県
市町村 黒潮町(大方町)、四万十市(中村市)
事業化(着工) 昭和34年
竣工 昭和36年
Google Map
地理院地図
概要 国道高知松山線(国道56号)のうち中村市と大方町の間にあるトンネルは、東西路線の迂曲と急傾斜によって交通を阻害していたが、国の道路整備10箇年計画にのって昭和34年に改修に着手することになり、国庫補助金と県費及び中村市・大方町などの地元負担金によって昭和36年に完成した。トンネル(125.25m)を含めて改修部の全延長約1km、幅6.5mの大工事であった。この改修により距離は500m短縮され、かつ従来の急傾斜と迂曲による悩みが解消されることになった。
情報源 大方町史編集委員会編「大方町史」(大方町教育委員会、1963年)、396頁
情報源の種類 市町村史、郷土史、土木史
キーワード 逢坂トンネル 国道56号 高知県
関連情報
参考画像
原資料PDF 「高知107 大方町史1963.pdf」を表示する

戻る